冬の童話祭2017

参加一覧

  • 参加者数456
  • 作品数493作品
  • 気になる作者0
  • ブクマ登録数0
  • 読了登録数0
検索設定を表示

四季巡りの季節

作者
木陰の蛇
冬の童話祭2017企画の童話作品です。
連載という形で出します。
  • 作品提出ID
    509
  • 種別
    連載(全5部)
  • 文字数
    7,918文字
  • 小説情報
  • good!
    0 pt

とある友情のお話

作者
翡翠 煉
王子に捨てられたずぶとい令嬢と、悩む冬の王女と、友人思いの3人の王女の友情のお話。
キーワード
  • 友情
  • 魔法
  • 作品提出ID
    508
  • 種別
    短編
  • 文字数
    3,601文字
  • 小説情報
  • good!
    1 pt

冬を送る祝祭の日

作者
曲尾 仁庵
 季節がどうしてめぐっていくのかごぞんじ?
 それは、季節を司る四人の女王様が、季節の塔で祈りを捧げてくれるから。だけどある日突然、冬の女王様が帰らないって言いだした。どうしてそんなこと、言いだしてしまったんだろう。

 これは、今からずっとずっと昔、冬が終わらなくなってしまった国のお話。
キーワード
  • 残酷な描写あり
  • ギャグ
  • シリアス
  • 切ない
  • 作品提出ID
    507
  • 種別
    連載(全8部)
  • 文字数
    22,392文字
  • 小説情報
  • good!
    0 pt

スノーライト

作者
伊藤美智子
子供が寝る前に読み聞かせられるような物語をイメージして作りました。

できるだけ簡単な言葉で。
できるだけ分かりやすい表現で。

時間の関係上、色々な視点で書けませんでしたが、「童話」という意味ではこのくらいの短さで良かったのかもしれません。
童心に戻って読んでいただけたらと思います。
  • 作品提出ID
    505
  • 種別
    短編
  • 文字数
    4,718文字
  • 小説情報
  • good!
    64 pt

まっふゆ

作者
I.me
あるところに、春・夏・秋・冬、それぞれの季節を司る女王様がおりました。
女王様たちは決められた期間、交替で塔に住むことになっています。
そうすることで、その国にその女王様の季節が訪れるのです。
ところがある時、いつまで経っても冬が終わらなくなりました。
冬の女王様が塔に入ったままなのです。
辺り一面雪に覆われ、このままではいずれ食べる物も尽きてしまいます。

そんな冬に、僕は辿り着いた。

  • 作品提出ID
    504
  • 種別
    連載(全3部)
  • 文字数
    3,032文字
  • 小説情報
  • good!
    3 pt

そして、世界の終わりには

作者
はねひ
“この世界でただ2人だけが、甘い恋の思い出を持っている”
※2017冬の童話祭投稿作品です。http://marchen2017.hinaproject.com/teaser/
「人生は無意味、季節を廻すことなど無意味」
そう言いながらも流されるまま季節を廻す冬の女王。
しかし、あるとき、春の女王が塔に来なくなってしまう。
春の女王と交代しなければ永久に冬は終わらない。
引きこもりニートのような暮らしをしていた冬の女王は重い腰を上げ、冬を終わらせるために動き出す。
そして冬の女王は、季節を廻すことの意味と、自分が引きこもりになった理由を知るのだった。
冬の女王の成長と、恋物語(たぶん)

なんか童話っぽくなくなってしまいましたごめんなさい。
キーワード
  • 女主人公
  • 西洋
  • ハッピーエンド
  • 作品提出ID
    503
  • 種別
    連載(全7部)
  • 文字数
    22,422文字
  • 小説情報
  • good!
    1 pt

とある女王の復讐喜劇

作者
二月羊
塔に住むことに絶望した女王の物語。
手を指し述べる者はいるのか。
その先に待つものは。
期待だけはしないでね。
キーワード
  • シリアス
  • ダーク
  • ギャグ
  • 星球大賞2
  • 作品提出ID
    502
  • 種別
    短編
  • 文字数
    4,385文字
  • 小説情報
  • good!
    6 pt

好きな褒美と言われましても

作者
ゴリラと喧嘩をしてみたい
冬の童話2017

<プロローグ>

あるところに、春・夏・秋・冬、それぞれの季節を司る女王様がおりました。
女王様たちは決められた期間、交替で塔に住むことになっています。
そうすることで、その国にその女王様の季節が訪れるのです。

ところがある時、いつまで経っても冬が終わらなくなりました。
冬の女王様が塔に入ったままなのです。
辺り一面雪に覆われ、このままではいずれ食べる物も尽きてしまいます。

冬の女王を春の女王と交替させた者には好きな褒美を取らせよう。
ただし、冬の女王が次に廻って来られなくなる方法は認めない。
季節を廻らせることを妨げてはならない。
キーワード
  • R15
  • 残酷な描写あり
  • 作品提出ID
    501
  • 種別
    連載(全8部)
  • 文字数
    88,169文字
  • 小説情報
  • good!
    0 pt

コロンと季節の女王

作者
豚雀
ある町にコロンという心優しい少年がいました。彼の住む国では春夏秋冬をそれぞれ司る四人の女王様が『季節の塔』に交代で入ることで季節が廻っていきます。しかし、ある時冬の女王様が塔に入ったきり出てこなくなってしまいました。このまま春がやってこないような事になれば国の作物も底をつき、みんなが困ってしまいます。そこで国を治める王様は国中にあるお触れを出しました。
『冬の女王と春の女王を交代させたものには好きな褒美を取らせる。ただし次に冬が廻ってこないような交代の方法は認められない』
このお触れを見たコロンは自分に何ができるかはわからないけど行ってみようと思い立ち、王様のお城へと向かいます。その後コロンは冬の女王様に会って交代してくれないかと頼んだものの、冬の女王様はひどく怒ってコロンを追い出してしまいます。困り果てた王様は他の女王様たちの知恵も借りようと考えました。その役を自分から買って出たコロンは他の女王様たちの里へと向かいます。そして、そこで様々な人や動物たちと出会うと誰も冬の女王様について悪いようには言いません。どうして冬の女王様が頑なに交代を拒むのか知りたくなったコロンは国へと帰るとすぐ冬の女王様の元へ行き、その理由を聞いて驚き、申し訳なくなりました。またその理由を話している途中で、冬の女王様は体調を崩して寝込んでしまいます。コロンは冬の女王様を何とか元気づけようと王様や町の人たちを巻き込んだ大きな計画を思いつくのです。
キーワード
  • ほのぼの
  • ハッピーエンド
  • 作品提出ID
    500
  • 種別
    短編
  • 文字数
    23,363文字
  • 小説情報
  • good!
    0 pt

静かな冬

作者
雪 つむじ
まるで空と、地面と、その二つをつなぐ世界が。
真っ白ではないけれど、それでも白く。
どこまでも白く。
そんな世界に、出会ったことはありますか。
ここは、そんな世界です。
いつからそうだったかは、だれも知りません。
いつまでもそうなのかも、だれも知りません。
キーワード
  • フラットな話
  • 作品提出ID
    499
  • 種別
    短編
  • 文字数
    3,000文字
  • 小説情報
  • good!
    0 pt

冬の王女様の悩み

作者
よつば
春夏秋冬、4人の王女様達が季節を守る国。
1人の王女様が塔に入ると、1つの季節が終わり、
新しい季節が始まります。
しかし、今年はなかなか春がやってきません。
冬の王女様が塔から出て来ないからです。
冬の王女様はいったいどうしたのでしょう。
  • 作品提出ID
    498
  • 種別
    短編
  • 文字数
    3,106文字
  • 小説情報
  • good!
    27 pt

何も見えない月夜の理由

作者
Hag
「雪と邪悪に覆われた闇の世界でっ盗賊と言われた勇者はっ愛した冬の女王のためっ!綺羅星の愛龍に跨りっ、王の陰謀にたった一人で立ち向かうっ!」
「おい。嘘をつくな。嘘を。」

「大したことないただのコメディーだよ〜」
「それこそ嘘だ‼︎ この物語の作者は私の生みの親だぞ‼︎」
「あなたみたいなのの生みの親だからよ」
「た、確かに」

「("あらすじ"伝える気あるのでしょうか)」


「藍空を 巡りに巡れ 星達よ 人照らすため 人悼むため」(ドヤ顔)
「あんまうもぉないけどな」
キーワード
  • 異世界転移
  • 身分差
  • 冒険
  • ラブコメ
  • 微イケメン注意
  • 地の文仕事しろ‼︎
  • 怒涛の展開
  • 敵は誰??
  • 読みにくいわボケ
  • 方言?
  • 小説って何だっけ?
  • 作品提出ID
    497
  • 種別
    短編
  • 文字数
    14,038文字
  • 小説情報
  • good!
    0 pt

セキレイの冒険

作者
菊華 伴

 むかしむかしあるところに、季節を司る4人の女王がおりました。
 女王達は搭に交代で入ることで季節を変えておりましたが……冬がなかなか終わらなくなりました。
 それは一体どうしてなのでしょう?
 心配になった秋の女王と夏の女王は、配達人の少年・セキレイに力を借りることにしました。

 これは、配達人の少年・セキレイが行く、ちょっとした冒険のお話。
キーワード
  • 冒険
  • 作品提出ID
    496
  • 種別
    連載(全6部)
  • 文字数
    6,028文字
  • 小説情報
  • good!
    12 pt

冬の雪花 春の果実

作者
深海聡
四季のある国、リュフェスタ。
世界の宝石と謳われる国は危機に瀕していた。
長過ぎる冬が、人々から生きる力を奪っていくのを目の当たりにして、王は勅命を発した。

--冬が終わらない理由を解明し、季節を春へと巡らせよ。--

その勅命に、ある女性たちが応えた。
キーワード
  • 残酷な描写あり
  • ヒストリカル
  • 冒険
  • 作品提出ID
    495
  • 種別
    連載(全5部)
  • 文字数
    10,953文字
  • 小説情報
  • good!
    3 pt

幻冬幻夜に夢をみる

作者
夏野あお
一つの国が終わらない冬に閉じ込められた。
季節の巡りの一つを司る冬の女王が、王宮の塔に篭ったまま、冬を終わらせないためだ。
困った王は民衆に、冬の女王を塔から外に出すように御触れを出した。

過去の記憶を持たない少年・ロキと、彼を拾った青年・シリンダーの二人は、王宮へ向かう。
冬の女王の見せる幻惑に翻弄されながら、ロキは過去の記憶と対峙し、女王の心に近づいていく。

やがて夢と記憶が交錯したときに、冬が終わらない秘密が解き明かされる。
キーワード
  • ドラゴン
  • ファンタジー
  • 作品提出ID
    493
  • 種別
    連載(全7部)
  • 文字数
    20,561文字
  • 小説情報
  • good!
    0 pt

つたない季節

作者
negachov
春の女王なしで春を迎えられるのでしょうか。
美しき冬の女王に手をかける理由はまだあるのでしょうか。
  • 作品提出ID
    491
  • 種別
    連載(全5部)
  • 文字数
    25,593文字
  • 小説情報
  • good!
    7 pt

冬の女王と幸せの庭

作者
紫南
冬の女王と花を育てる青年の物語
キーワード
  • 季節の女王
  • 冬の女王
  • 作品提出ID
    490
  • 種別
    短編
  • 文字数
    3,127文字
  • 小説情報
  • good!
    79 pt

冬~ふ~ゆ~、…………春~

作者
神離人
冬の女王の継承に関するお話。
キーワード
  • ファンタジー
  • 女王
  • 雪女
  • 兵士
  • ハッピーエンド
  • 作品提出ID
    489
  • 種別
    短編
  • 文字数
    17,617文字
  • 小説情報
  • good!
    0 pt

王子とひねくれ雪だるまの季節の旅

作者
zeno
開けなければ冬が終わらない季節の塔の扉……。

強き者にも畏きものにも開けられなかったその扉に一人の少年となったものが挑む。
そして、それを助けるのは奇妙な存在。

しかし、ただの説得だけと思っていた出来事はその存在により大きく変わっていくのだった……。

キーワード
  • 冒険
  • 作品提出ID
    488
  • 種別
    連載(全20部)
  • 文字数
    85,440文字
  • 小説情報
  • good!
    1 pt

お父さんと息子とパンのミミ

作者
管理人のTOM
父と息子の日常、そして本質の大切さを書いてみました。

時間が無かった為、かなり粗いです...すいません。
キーワード
  • 日常
  • 現代
  • 学園
  • ツタヤリンダ大賞B1
  • 作品提出ID
    487
  • 種別
    短編
  • 文字数
    3,067文字
  • 小説情報
  • good!
    2 pt