冬の童話祭2017

企画は終了しました!

2017年2月15日13時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!

本企画終了後の【季節廻る国の童話】の設定利用に関して

「季節廻る国の童話」の設定に関しましては、非営利目的に限り今後も自由にご使用いただけます。引き続き、「季節廻る国の童話」の設定を用いて童話ジャンルを盛り上げていただければ幸いです。

「季節廻る国の童話」の設定を、提出作品以外で使用できますか?

提出作品(ランダム)

恋の神様と大きな木

作者
geriramamu
昔々あるところに、その丘には恋の神様がいるとされていた。

今回のイベントに参加させていただきました。少々のお時間でも取っていただけなら感謝感激です。
精一杯書かせていただきました!

キーワード
  • 感想希望
  • 恋愛
  • 童話
  • ほのぼの

冬の女王と召使い

作者
中村はちす
冬童話2017の企画内で、用意して頂いたプロローグから創作した短編です。

あるところに、春・夏・秋・冬、それぞれの季節を司る女王様がおりました。
女王様たちは決められた期間、交替で塔に住むことになっています。
そうすることで、その国にその女王様の季節が訪れるのです。
ところがある時、いつまで経っても冬が終わらなくなりました。
冬の女王様が塔に入ったままなのです。

上掲が頂いたプロローグの一部ですが、
童話という事なので心理描写を一切描かず、登場人物の行為を客観的に、歯切れよく描くことに専念しました。

プロローグ以降のあらすじ
冬の女王が、何故季節の塔から出てこないのか、この謎は序盤でわかります。
誰の助力も得ることなく、女王は自らの意思で己を戒めて、塔の外へ出る事を決意します。私はここから物語を描こうと想いました。

冬の女王には召使いが一人います。
冬の女王が塔を離れる動機。これが”責務”ではなく”望み”となるように。
召使いがあっちへ、こっちへと活躍します。
狂言回しのような言葉遣いの中で、二人の心持ちが、如何に強い信頼で繋がれているかを描写できていればと想います。




キーワード
  • 冬の女王
  • 召使い
  • 童話
  • 童謡
  • 滑稽
  • 言葉遊び

灰色の故郷

作者
炬燵天秤
 故郷の空は陽の射さぬ灰色に染まる。暖かな春を、空に蒼を取り戻すため、冬を司る女王を訪ねる四人の若者。塔の最果にて、彼らは明けぬ冬の真実を知る。
キーワード
  • 近未来?
参加作品をもっと見る

Twitterでつぶやいて冬の童話祭2017を応援してください

企画ハッシュタグは#なろう公式企画です。

企画への意気込みや、気に入った作品などをつぶやいて、冬の童話祭2017を応援してください。

ツイートする