冬の童話祭2017

企画は終了しました!

2017年2月15日13時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!

本企画終了後の【季節廻る国の童話】の設定利用に関して

「季節廻る国の童話」の設定に関しましては、非営利目的に限り今後も自由にご使用いただけます。引き続き、「季節廻る国の童話」の設定を用いて童話ジャンルを盛り上げていただければ幸いです。

「季節廻る国の童話」の設定を、提出作品以外で使用できますか?

提出作品(ランダム)

小さなウサギは雪の色

作者
星野 葵
季節をもたらす塔の周りには、美しい自然が広がっています。

そんな自然の中で生まれた一匹のウサギは、生まれた時から毛が真っ白。春も夏も真っ白なのでした。そんなウサギは毛が茶色になるという春を心待ちにしているのですが…

冬の童話祭2017に参加する作品です。
キーワード
  • ウサギ
  • 動物

心の氷を溶かして

作者
きゃる
一人孤独に塔に籠る冬の女王

悲しい過去を持つ彼女は、誰にも愛されない自分を、一人嘆いていました。

彼女はその昔、『天の王』へ女王候補として捧げられていました。
でも本当は、彼女は女王になりたくありませんでした。人の世界で人として、生きていたかったのです。

「必ず迎えに行く」と言った、大好きなあの人を待つと決めていたから——。


彼女の心を溶かすのは?


そして、冬の女王を塔から出し、春の女王を呼び込んだのは一体誰だったのでしょうか?
キーワード
  • 恋愛
  • ファンタジー
  • 幼なじみ
  • 切ない

太陽は雪降る君にハンカチを。

作者
五月雨 夜空
冬が、終わらなくなった。

娘は、旅立つ。
隣の四季巡る国へ。

……出稼ぎでもあるけれど。
失敗しても、それならそれで豊かな四季巡る国で稼げば良かった、幸いにして娘には手と足がある。猫みたいにのんびり屋さんにはなれない私は、ただただ願う。幸せであれ、と。
参加作品をもっと見る

Twitterでつぶやいて冬の童話祭2017を応援してください

企画ハッシュタグは#なろう公式企画です。

企画への意気込みや、気に入った作品などをつぶやいて、冬の童話祭2017を応援してください。

ツイートする