冬の童話祭2017

企画は終了しました!

2017年2月15日13時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!

本企画終了後の【季節廻る国の童話】の設定利用に関して

「季節廻る国の童話」の設定に関しましては、非営利目的に限り今後も自由にご使用いただけます。引き続き、「季節廻る国の童話」の設定を用いて童話ジャンルを盛り上げていただければ幸いです。

「季節廻る国の童話」の設定を、提出作品以外で使用できますか?

提出作品(ランダム)

四季国と命運

作者
宇都十海
四季豊かな国がありました。それは1つ1つの季節を統べる女王様が塔で祈りを捧げてるからです。
しかし、突然、冬が終わらなくなってしまいました。困り果てた王様は国民たちにお触れを出し、季節を廻らすようにと命じました。
一方で、この国では“命運の噂話”という噂話が密かに囁かれていました。季節の女王様たちについての噂話です。
女王様たちは本当は存在しない、とされる噂話。
お触れを見た1人の青年は、“命運の噂話”を確かめるため、1人、塔へと向かうのでした。

好奇心は、やがて宿命へ
キーワード
  • 冒険
  • 童話
  • 四季
  • 季節
  • 冬の童話祭2017

空色の羽根

作者
竹野きひめ
冬の童話祭2017参加作品です。

貴方は丘の上にあるあの塔を知っていますか?
キーワード
  • 魔法
  • ファンタジー
  • 複数視点

冬の女王の春探し

作者
オウス
 あるところに、春・夏・秋・冬、それぞれの季節を司る女王様がおりました。
 女王様たちは決められた期間交替で塔に住むことになっています。
 そうすることで、その国にその女王様の季節が訪れるのです。
 ところがある時、いつまで経っても冬が終わらなくなりました。
 冬の女王様が塔に入ったままなのです。
 辺り一面雪に覆われ、このままではいずれ食べる物も尽きてしまいます。

 困った王様はお触れを出しました。

 冬の女王を春の女王と交替させた者には好きな褒美を取らせよう。
 ただし、冬の女王が次に廻って来られなくなる方法は認めない。
 季節を廻らせることを妨げてはならない。

 冬の女王様は困ってしまいます。
「困ったわ……このままでは冬が終わらないことを私(わたくし)のせいにされてしまいますわ……」

 冬の女王様は、このままではダメだと一大決心をいたします。
キーワード
  • ほのぼの
  • 女主人公
参加作品をもっと見る