冬の童話祭2017

企画は終了しました!

2017年2月15日13時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!

本企画終了後の【季節廻る国の童話】の設定利用に関して

「季節廻る国の童話」の設定に関しましては、非営利目的に限り今後も自由にご使用いただけます。引き続き、「季節廻る国の童話」の設定を用いて童話ジャンルを盛り上げていただければ幸いです。

「季節廻る国の童話」の設定を、提出作品以外で使用できますか?

提出作品(ランダム)

閉ざされた冬のルイーゼ

作者
森陰 五十鈴
 それは、森の奥の小さな国のお話。
 冬が終わらず、春が訪れなくなったその国に生まれた少年エディは、冬の女王様が塔の中に引きこもって旅立とうとしない理由を問いただすため、女王の住む塔を訪れます。
 辿り着いたその塔に居たのは、冬の女王様ではなく一人の少女でした。
 少女はエディを塔の中に招き入れると、あるお話を語ります。
 それは、不思議な力で世界を治める、四人の姉妹のお話でした。
  • 種別
    連載(全7部)
  • 文字数
    10,360文字
  • 小説情報
  • good!
    2 pt

If Winter comes, can Spring be far behind? -冬が来るなら,春が遥かに在り得ようか?-

作者
星野 青明
『冬の童話祭』投稿作品です

童話の世界観を意識して書いたので、ちょっと飛んでるところはあるかもしれませんが(笑)楽しんで読んで頂ければ幸いです。

4000字ほどあるので、2話に分けて投稿します。
読まれたら感想お願いします・・・(。>艸<)

〈以下イベント共通プロローグ〉


 あるところに、春・夏・秋・冬、それぞれの季節を司る女王様がおりました。
 女王様達は決められた期間、交替で塔に住むことになっています。
 そうすることで、その国にその女王様の季節が訪れるのです。

 ところがあるとき、いつまでたっても冬が終わらなくなりました。
 冬の女王様が塔に入ったままなのです。
 あたり一面雪に覆われ、このままではいずれ食べ物も尽きてしまいます。

 困った王様はお触れを出しました。

 冬の女王を春の女王と交代させたものには好きな褒美を取らせよう。
 ただし、冬の女王が次に廻ってこられなくなる理由は認めない。
 季節を巡らせることを妨げてはならない。

 なぜ冬の女王様は塔を離れないのでしょうか。
 なぜ春の女王様は塔に訪れないのでしょうか―。
キーワード
  • 残酷な描写あり
  • 西洋
  • 種別
    連載(全2部)
  • 文字数
    4,602文字
  • 小説情報
  • good!
    13 pt

この道を通ってお帰りください

作者
水泡歌
季節を司どる女王様が塔に入ることにより、季節が廻る国。でも、今は冬の女王様が塔から出てきてくれない為、中々春が訪れません。
春の女王様と交替させるため、たくさんの人々が贈り物を持って訪れますが、どれも女王様の心に届くことはありませんでした。
しかし、人々の心が諦めに満ち始めた時、塔に一人の少年がやってきます。少年は入り口で足を止めると、雪だるまを作り、道の両端に並べてはそのまま帰っていきます。次の日も次の日も少年はやってきて雪だるまを作って帰っていきます。
冬の女王様は少年とお話をしたくなりました。
少年は一体何をしているのでしょうか?

冬の童話祭2017参加作品になります。
キーワード
  • 冬の女王様と少年
  • 雪だるま
参加作品をもっと見る