冬の童話祭2017

企画は終了しました!

2017年2月15日13時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!

本企画終了後の【季節廻る国の童話】の設定利用に関して

「季節廻る国の童話」の設定に関しましては、非営利目的に限り今後も自由にご使用いただけます。引き続き、「季節廻る国の童話」の設定を用いて童話ジャンルを盛り上げていただければ幸いです。

「季節廻る国の童話」の設定を、提出作品以外で使用できますか?

提出作品(ランダム)

静かな冬

作者
雪つむじ
まるで空と、地面と、その二つをつなぐ世界が。
真っ白ではないけれど、それでも白く。
どこまでも白く。
そんな世界に、出会ったことはありますか。
ここは、そんな世界です。
いつからそうだったかは、だれも知りません。
いつまでもそうなのかも、だれも知りません。
キーワード
  • フラットな話

好きな褒美と言われましても

作者
ストレッサー将軍
冬の童話2017

<プロローグ>

あるところに、春・夏・秋・冬、それぞれの季節を司る女王様がおりました。
女王様たちは決められた期間、交替で塔に住むことになっています。
そうすることで、その国にその女王様の季節が訪れるのです。

ところがある時、いつまで経っても冬が終わらなくなりました。
冬の女王様が塔に入ったままなのです。
辺り一面雪に覆われ、このままではいずれ食べる物も尽きてしまいます。

冬の女王を春の女王と交替させた者には好きな褒美を取らせよう。
ただし、冬の女王が次に廻って来られなくなる方法は認めない。
季節を廻らせることを妨げてはならない。
キーワード
  • R15
  • 残酷な描写あり
  • 種別
    連載(全8部)
  • 文字数
    88,099文字
  • 小説情報
  • good!
    0 pt

やさいのたね

作者
銀子
「王さまからのほうびはなんだと思う?」
「お母さんは野菜の種がいいな」
僕の家族は、冬が長引いたせいで、崩れていく。僕は、弟と冬の女王を探しにく。
キーワード
  • 日常
  • ホームドラマ
  • 男主人公
  • 西洋
参加作品をもっと見る