冬の童話祭2017

企画は終了しました!

2017年2月15日13時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!

本企画終了後の【季節廻る国の童話】の設定利用に関して

「季節廻る国の童話」の設定に関しましては、非営利目的に限り今後も自由にご使用いただけます。引き続き、「季節廻る国の童話」の設定を用いて童話ジャンルを盛り上げていただければ幸いです。

「季節廻る国の童話」の設定を、提出作品以外で使用できますか?

提出作品(ランダム)

ルーツィンデと暖かなコート

作者
紀舟
ある冬の日のこと。少女ルーツィンデは森で困っている小人を助けた。小人はお礼にどんなに冷たい風が吹こうとも、どんなに凍えた雪が降ろうとも暖かく包んでくれるコートを一着くれた。
キーワード
  • 童話
  • 不思議なコート
  • 王子
  • 平民の娘
  • ハッピーエンド
  • ネット小説大賞六感想

塔を上っていった若者

作者
Veilchen(悠井すみれ)
高い壁に囲まれて、王様がいらっしゃる高い塔に見守られて。この国では人々は何不自由なく暮らしています。でも、この年の冬はなかなか終わらなくて、雪が降り続いてみんな困ってしまっています。
冬を終わらせるため、そして褒美に願いを叶えてもらうため、ある若者は塔へ向かうのですが――
*冬童話2017参加作品です。
キーワード
  • ディストピア
  • 実はSF
  • 管理社会
  • 人口管理
  • 思考停止
  • スルー力
  • 危険な好奇心
  • 箱庭世界
  • 意味が分かると怖い?
  • 方舟から飛び立った鳩

冬の感謝祭

作者
斎藤秋
冬が大好きな少女と冬の女王様のちょっとした会話から冬終わらなくなってしまった国のお話
冬童話2017参加作品
参加作品をもっと見る