冬の童話祭2017

企画は終了しました!

2017年2月15日13時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!

本企画終了後の【季節廻る国の童話】の設定利用に関して

「季節廻る国の童話」の設定に関しましては、非営利目的に限り今後も自由にご使用いただけます。引き続き、「季節廻る国の童話」の設定を用いて童話ジャンルを盛り上げていただければ幸いです。

「季節廻る国の童話」の設定を、提出作品以外で使用できますか?

提出作品(ランダム)

彩、再び。

作者
ひなた あかね
『その他大勢』という名のすべての主人公たちへ
ホーリーナイトの彩《いろどり》を……
キーワード
  • 古典恋愛
  • クリスマス

四季の国と吟遊詩人~一番欲しいもの~

作者
三吉 雅春
旅する吟遊詩人が訪れたのは四季が巡る国。
その国には春、夏、秋、冬を司る四人の女王様がおりました。
四人の女王様は決められた期間、交替で塔に住むことになっています。
そうすることで、その国にはその女王様の季節が訪れるのです。

しかし、吟遊詩人が訪れて目にしたのは王様のお触れでした。

『冬の女王を春の女王と交替させた者には好きな褒美を取らせよう。
 ただし、冬の女王が次に廻って来られなくなる方法は認めない。
 季節を廻らせることを妨げてはならない』

このお触れを知った吟遊詩人は塔の前で詩を歌うことにしました。
キーワード
  • 冬の童話祭2017
  • 吟遊詩人

四季の女王の秘密

作者
愛松森
四季の女王たちの秘密とは・・・
女王たちに課せられた使命とは・・・
すべてが明らかになるとき、世界は静まり返る。
  • 種別
    連載(全5部)
  • 文字数
    6,790文字
  • 小説情報
  • good!
    6 pt
参加作品をもっと見る