冬の童話祭2017

企画は終了しました!

2017年2月15日13時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!

本企画終了後の【季節廻る国の童話】の設定利用に関して

「季節廻る国の童話」の設定に関しましては、非営利目的に限り今後も自由にご使用いただけます。引き続き、「季節廻る国の童話」の設定を用いて童話ジャンルを盛り上げていただければ幸いです。

「季節廻る国の童話」の設定を、提出作品以外で使用できますか?

提出作品(ランダム)

季節廻る国の春夏秋冬の女王様と王子様

作者
ばくちく
冬の童話コンテスト投稿作品です。
春夏秋冬の女王様達と王子様の恋愛物語です。
キーワード
  • 悲恋

心の氷を溶かして

作者
きゃる
一人孤独に塔に籠る冬の女王

悲しい過去を持つ彼女は、誰にも愛されない自分を、一人嘆いていました。

彼女はその昔、『天の王』へ女王候補として捧げられていました。
でも本当は、彼女は女王になりたくありませんでした。人の世界で人として、生きていたかったのです。

「必ず迎えに行く」と言った、大好きなあの人を待つと決めていたから——。


彼女の心を溶かすのは?


そして、冬の女王を塔から出し、春の女王を呼び込んだのは一体誰だったのでしょうか?
キーワード
  • 恋愛
  • ファンタジー
  • 幼なじみ
  • 切ない

雪の兵隊

作者
烏屋マイニ
春と夏と秋と冬の女王さまが、順ぐりに住まい季節を作る塔。雪の兵隊は冬の間、その塔の入口を見張り、冬の女王さまを守る役目をおっていました。でも、冬の女王さまは彼を気にもかけなかったので、雪の兵隊は自分を、いてもいなくても良いものなのだと考えていました。ところが、季節の入れ替わりにやって来る春の女王さまは、そんな彼をねぎらい、優しい言葉を掛けてくれます。ある日、優しい春の女王さまに心をひかれる雪の兵隊を見て、冬の女王さまは言いました。「もう、あなたはいりません」 冬の女王さまは、雪の兵隊と春の女王さまを氷の城に閉じ込め、自分は塔の中にこもってしまい、世界は終わる事のない冬に閉ざされてしまいました。しかし、氷の城にやってきた雪の兵隊と春の女王さまは、冬の女王さまの本当の心を知ることになります。
キーワード
  • 身分差
  • ハッピーエンド
  • 西洋
  • 中世
  • 女王
  • 兵隊
  • 献身
  • 氷の城
  • 季節の塔
参加作品をもっと見る