冬の童話祭2017

企画は終了しました!

2017年2月15日13時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!

本企画終了後の【季節廻る国の童話】の設定利用に関して

「季節廻る国の童話」の設定に関しましては、非営利目的に限り今後も自由にご使用いただけます。引き続き、「季節廻る国の童話」の設定を用いて童話ジャンルを盛り上げていただければ幸いです。

「季節廻る国の童話」の設定を、提出作品以外で使用できますか?

提出作品(ランダム)

セキレイの冒険

作者
菊華 伴

 むかしむかしあるところに、季節を司る4人の女王がおりました。
 女王達は搭に交代で入ることで季節を変えておりましたが……冬がなかなか終わらなくなりました。
 それは一体どうしてなのでしょう?
 心配になった秋の女王と夏の女王は、配達人の少年・セキレイに力を借りることにしました。

 これは、配達人の少年・セキレイが行く、ちょっとした冒険のお話。
キーワード
  • 冒険
  • 種別
    連載(全6部)
  • 文字数
    6,023文字
  • 小説情報
  • good!
    12 pt

季節のサーキュレーション

作者
枝戸 葉
季節巡る王国のお話。
塔のメイド、ベルは冬の女王イヴェールの為、季節の均衡を取り戻す為、各地の女王の下を巡る旅に出るのでした。
キーワード
  • 身分差
  • 冒険
  • 童話
  • 女主人公
  • コメディシリアス混合
  • 種別
    連載(全5部)
  • 文字数
    24,045文字
  • 小説情報
  • good!
    0 pt

四季めぐる国、冬の女王様のため息

作者
相有 枝緖
《冬の童話祭2017参加作品》 ある日、四季めぐる国の冬が終わらなくなりました。国王様がお触れを出して、みんなが冬の女王様にお願いしました。けれども、冬の女王様は悲しそうにため息をつくたけで、春の女王様と交代してくれません。なぜ、冬の女王様は塔から出ようとせず、寂しそうにため息をつくばかりなのでしょうか。そんな冬の女王様のため息を変えたのは、家出をしてきた一人の女の子でした。
参加作品をもっと見る