冬の童話祭2017

企画は終了しました!

2017年2月15日13時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!

本企画終了後の【季節廻る国の童話】の設定利用に関して

「季節廻る国の童話」の設定に関しましては、非営利目的に限り今後も自由にご使用いただけます。引き続き、「季節廻る国の童話」の設定を用いて童話ジャンルを盛り上げていただければ幸いです。

「季節廻る国の童話」の設定を、提出作品以外で使用できますか?

提出作品(ランダム)

冬の雪花 春の果実

作者
深海聡
四季のある国、リュフェスタ。
世界の宝石と謳われる国は危機に瀕していた。
長過ぎる冬が、人々から生きる力を奪っていくのを目の当たりにして、王は勅命を発した。

--冬が終わらない理由を解明し、季節を春へと巡らせよ。--

その勅命に、ある女性たちが応えた。
キーワード
  • 残酷な描写あり
  • ヒストリカル
  • 冒険
  • 種別
    連載(全5部)
  • 文字数
    10,953文字
  • 小説情報
  • good!
    3 pt

一万メートルの女王

作者
相楽山椒
季節を廻らせる女王の間は、一万メートルの塔の上にあった。

塔に登ることが出来るのは、強靭な肉体と精神を兼ね備える四人の女王だけ。

今もいずれかの女王が塔を登っている。

* 冬の童話祭2017年 投稿作品です。

泥の子供と女王様

作者
風雅雪夜
―――
 あるところに、春・夏・秋・冬、それぞれの季節を司る女王様がおりました。女王様たちは決められた期間、交替で塔に住むことになっています。
 そうすることで、その国にその女王様の季節が訪れるのです。

 ところがある時、いつまで経っても冬が終わらなくなりました。
 冬の女王様が塔に入ったままなのです。辺り一面雪に覆われ、このままではいずれ食べる物も尽きてしまいます。

 困った王様はお触れを出しました。

『冬の女王を春の女王と交替させた者には好きな褒美を取らせよう。
 ただし、冬の女王が次に廻ってこられなくなる方法は認めない。
 季節を廻らせることを妨げてはならない。』
―――
 季節を変えるのは誰なのか。それは純粋な心を持つ小さき者達。

冬の童話祭2017の作品です。
キーワード
  • 童話
  • 子供
参加作品をもっと見る