冬の童話祭2017

企画は終了しました!

2017年2月15日13時をもって本企画は終了しました。
たくさんのご参加、誠にありがとうございました!

本企画終了後の【季節廻る国の童話】の設定利用に関して

「季節廻る国の童話」の設定に関しましては、非営利目的に限り今後も自由にご使用いただけます。引き続き、「季節廻る国の童話」の設定を用いて童話ジャンルを盛り上げていただければ幸いです。

「季節廻る国の童話」の設定を、提出作品以外で使用できますか?

提出作品(ランダム)

蒼白の光

作者
朔月葉
塔に入ったまま出てこない冬の女王。冬は人々にとって必要な季節ではあるが、長引くと様々な弊害をもたらす。
ある日心配した春の女王が塔を尋ねるが、扉を開けることも許されず、理由を聞くことすらままならない状態であった。強く正しい女性である冬の女王が塔に入ったままの理由はなんなのか。なぜ入ることは許されないのか。冬の女王が切ない声で応えるのはなぜなのか。
それを確かめに行くのは、王でもなく他の女王でもなく、街に住む青年であった…。
キーワード
  • 季節廻る国の童話
  • 種別
    連載(全2部)
  • 文字数
    7,075文字
  • 小説情報
  • good!
    1 pt

望みの竜

作者
田中 友仁葉
人の少ない山奥の村。

そこにはとある言い伝えがあった。

『山の麓にある縄で閉ざされた洞窟。 その中の祠には一匹の竜が居り、魂と引き換えに何でも願いを叶えるらしい』

孤独な少年は願いを叶えるために祠へ向かった。
キーワード
  • ファンタジー
  • 現代
  • 少年
  • 呪い
  • 人外

5人の妖精と冬の女王

作者
東雲青橙
5人の妖精と冬の女王の物語。
冬の女王は冬がキライ
冬の女王を満足させないと次の季節が来なくなる?
5人の妖精は冬の女王にプレゼントを渡して満足してもらおうとがんばります。
キーワード
  • 私小説
  • 妖精
  • 季節
  • 女王
  • プレゼント
参加作品をもっと見る